DNA鑑定で死亡が確定した男が2ヶ月後生きて帰宅!!

DNA鑑定で死亡が確定した男が2ヶ月後生きて帰宅!!

with コメントはまだありません

 

カザフスタンで、DNA鑑定で本人だと断定され埋葬されたはずの人物が、2ヶ月後何食わぬ顔で帰宅して親族一同心臓が止まるほど驚いたという珍事件が入ってきた。
死んだと思っていた人物が実は生きていて戻ってきたという話はよくニュースでも報じられているが、アイガリ・スプガリエフさん(63)の場合DNA鑑定までしてその遺体が本人だと断定されたにも関わらず、実は全くの別人だったというのだから驚きだ。

 

 

事の発端は今年7月9日。アイガリ・スプガリエフさんの親族がカザフスタン・トマーリーの自宅からアイガリさんが行方不明になったと通報した。親族は知らなかったのだ。独身のアイガリさんが遠く離れた農場で4か月間の仕事を請け負っていたことなど・・・アイガリさんもわざわざ親族に言うことでもないと思っていたようだ。その結果、アイガリさんが留守にしている間に自宅付近で腐乱死体が発見された時、親族は「最悪」を覚悟した。
ただ遺体はあまりに腐敗が進んでおり、外見上アイガリさんだと判断することが難しかったため、親族はDNA鑑定を依頼。すると、信じられないことに99.29%(こうした鑑定では最も高い数値の一つ)の確率で発見された遺体はアイガリさん本人だという結果が出たのである。よって公的にアイガリさんの死亡届が発行され、兄弟たちは葬儀を手配したのだ。

 

全員がアイガリさんだと信じ切っていたその遺体はアティラウのジュルディス地区に埋葬された。そしてその2ヶ月後・・・死んだはずのアイガリさんが生きて戻ってきた。

 

「アイガリが元気で生きて戻ってきた瞬間、私の娘サウルは死んだはずの叔父を見て心臓発作で倒れるかと思うほど驚いたそうです。」と兄弟のエセンガリさんは地元メディアに語った。

「DNA分析の結果は遺体が兄だと示しており、それに従って私たちは葬儀も執り行いました。多額の金を使って。いや、正直お金のことはいいのです。私たちが埋葬したのは一体誰だったのでしょう?彼の親族も彼のことを探しているでしょうに。」

 

アイガリさんの親族は、当然ながらアイガリさんの生還に大喜びしたのだが、DNA鑑定が混乱を起こしたとして、今回のDNA鑑定を行った専門家を訴える構えだ。

 

しかし、鑑定を行った専門家Akmaral Zhubatyrova氏は99.29%の可能性はその人物の死亡を確定するには不十分だと自信を擁護する。

「DNA鑑定のみでその遺体が明確に本人であると断定することは不可能です。」と彼女はメディアに語った。「残り0.08%の可能性のことを忘れてはいけません。」

 

一度は死亡届が提出されてしまったアイガリさんの身分を復活されるのがどれだけ大変な手続きになるかは不明だが、少なくともアイガリさん自身は親族が彼の墓地に設置しようと用意していた墓標と共に写真をとる茶目っ気があるので、きっと大丈夫だろう。

 

 

ODDITYCENTRAL