天徳 活用塾 (四柱推命)「人生のハイウェイを快適に」#18

天徳 活用塾 (四柱推命)「人生のハイウェイを快適に」#18

with コメントはまだありません

こんにちは!!
四柱推命の世界へようこそ。 

今回から、この塾は、応用編に入りますよー。

 

失敗させない鑑定師 石橋ゆうこです。
LINE鑑定を始めました。
文末にQRコードを載せております。 

遠方にお住まいでご相談のある方は、アクセスしてみてくださいね。 

また、文末に私のメールアドレスをお知らせしております。
東京近郊にお住まいで対面鑑定をお申し込みの場合は、メールをお送りくださいませ。。(=^・^=)

四柱推命は的中率ナンバーワンといわれます。
なぜ、そんなに当たるのでしょう?
今までのおさらいから始めましょう。!(^^)!

四柱推命理論では、生まれた時の宇宙と地球のパワー(波長)が、
脳にインプットされて、それがその人の性格や体調、相性を生み、
移り行く宇宙、地球パワー(波長)と、
その人のインプットされたパワーが呼応して運気が決まっていきます。 

宇宙パワーは「十二支」で、地球パワーは「陰陽五行」で表しています。
#2~6参照

陰陽五行は、陰と陽で2、五行で5。。。2×5で10の要素があると考えられています。
これを「十干」と呼んでいます。
「十干」「十二支」によってその人の命式を表します。
#7~14参照

 

さて。。では、前回の続き、星のお話をしましょうね。 

 

【通変星】

星は、十種類ありましたね? 
「比肩」「劫財(敗財)」「傷官」「食神」「正財」「偏財」「印綬」「偏印」です。
人の人生は、この10の星の繰り返しで運気が動いています。 

10年で一回りですから、10年おきに同じ星がやってくると考えてください。

 

#12~17までで、10個の星の個別の特徴を見てきました。
それぞれの星には、今まで幾度となく見てきた、
相生、相剋の上記のような、関係があります。 

並びが大切だと幾度となくお話してきましたので、
「どうなのよ?」と、お思いの皆様!いよいよ星の並びのお話に入りましょうね! 

この星の相生と相克の関係がしっかりと理解できれば、貴方は立派な鑑定師になれますよ\(^o^)/ 

すこし、専門的になりますが、ついてきてくださいね\(^o^)/
命式は、スマホから「四柱推命、命式」としてクリックすれば、色々なサイトから知ることができます。 

 

星の並びは、上段の2並びは外面、下段の3並びは内面を表すと言われています。(時柱を省いた場合)
また、月柱の上下はその人自身を色濃く表し、また、生家や生い立ちについても語っています。 

年柱は、中年期。または、先祖、親について。
日柱の下段は、自分の配偶者。 

時柱は、老後。または子供との関係を表しています。
時柱は年を取るにしたがって強く出るようになりますので、
分かるのならば、生まれ時間も出したほうがより正確に読み取ることができます。 

 

まずは、比肩星を中心に見ていきましょう!



上記を見てわかるように、比肩は、左右にある4つの星とは生じる関係です。

矢印にがついているでしょう?
印綬から比肩に流れる動きを見てみましょう。 

 

印綬→比肩」

印綬は本来大人しく知的な星ですが、比肩(自我の星)に力を与えて、
自信が
生まれます。特に強い12運(冠帯、建禄、帝旺、長生)が付くと、
人前に出て話をしたり、営業で理論展開をしたりする活動的な星へと変わります。 

勉強好きですが、ともすると理屈屋さんです。
こつこつと励む研究者に向いています。 

強い12運が付いていたり、年に巡ってくると受賞の可能性があります。
ここに官星が並ぶと行動力が出て、自信のある頭の切れる仕事人へと変わります。 

 

偏印→比肩」 

偏印は、考える星ですが、むら気があります。
飽きっぽいくせに、好奇心が旺盛、ふらりと旅に出たり、自由人なんです。 

おしゃべりで、趣味の話を延々としたり、趣味が高じて副業を持つ人も多いです。
芸能人、芸術家にも多いです。 

偏印+比肩は、飽きっぽさが手伝ってか、副業に手を出して失敗したり、浮き沈みが生じてきます。。。 
私は、偏印星の面白さが好きです。 

おしゃべりで自分勝手に話しますが、どこか憎めない雰囲気があります。
弱い12運(死、墓、絶、衰)が付くと愚痴っぽく成るので、
私は、根拠のない自信家の強い12運が付いた「偏印+比肩」の人がいいですけどねー。

ここに偏官星が付くと単なる自信家から、行動力が加わるので説得力が出てきますよー!
いわゆる「やり手」になっちゃいます。 

 

次に、比肩から食神、傷官への流れを見てみましょう。 

 

比肩→傷官」 

比肩は自我の星ですが、傷官に生じていますね。傷官の力を強めます。
神経質で口は達者ですが、
高慢なところがあるのでついつい言葉が過ぎてしまい、人間関係が上手くありません。。。

傷つくことを恐れて、猫をかぶっている人が多いようです。
嫉妬心も強くなり、鼻っ柱が強くなります。

比肩は自分を示すので、自分を傷つけるという意味になり、
家庭内でのもめ事を示すことが多いのです。 

チームワークというよりも個人プレーを好みます。
頭が良く集中力もありますから、個人的な素晴らしい仕事をする人もいます。 

ただし、これに財星が付くと、傷官の脅威が財へと流れますから、
もめごとは小さくなりますし、人間関係も円滑に進みます。 

 

比肩→食神」 

食神は大らかなのびのびとした星ですので、
さらにその意味を強めますから、面倒見のいい姉御、兄貴タイプとなります。 

比肩の上品さが良い意味で働き明るく品のある人となります。
人を呼んでごちそうするのが大好き。 

明るく伸びやかですから人から好かれます。
食神は見ての通り食べ物の星ですから、一生食べるのには困りません。 

玉の輿にのる女性もいます。
財星が付けばさらに福分が増えます。 

 

さて、次回は剋の関係(やっつける関係)をみていきたいと思います。

×がついている関係について、お伝えしていきますので、お楽しみにね!

 

PS.その人を語るには、四柱の並びとバランスが大切です。
そう、組み合わせが大切なんですよねー(^^♪ 

 

鑑定をご希望の方は、下記までメールをお送りください。
仔細をお返事いたします。
ny.bashi@mb.infoweb.ne.jp
【LINEトーク占いを始めました】

お訪ねいただいた方、お一人おひとりの心に沿い、
今の状況や未来に起こりうることを説明しながら、
質問者様のご自分なりの納得を導き出し、
失敗のない人生をお送りいただけるようにアドバイスをしております。

LINEトーク占いのQRコードはコチラ

お手持ちのスマートフォンなどで読み取ってください。

Leave a Reply