「ドイツ海洋学者が発見したバミューダ・トライアングルの海底に沈む謎のピラミッド」

「ドイツ海洋学者が発見したバミューダ・トライアングルの海底に沈む謎のピラミッド」

with コメントはまだありません

これは、バミューダ・トライアングルに関して皆さんが待ち望んでいたニュースになるかもしれない。
ドイツの海洋学者によれば、バミューダ・トライアングルの海底に沈むテクノロジーは普通とは思えず、そもそも地球を起源とするものではないかもしれないというのだ。

 

「魔の三角地帯」としても知られるバミューダ・トライアングルは、北大西洋の西側、バミューダ諸島、フロリダ半島先端、プエルトリコを結んだ三角形の海域を指す。それぞれの辺は約1,600kmの長さがある。しかし、米海軍によればこの三角地帯は存在せず、アメリカ地名委員会にも登録されていない。

 

この謎の水域は超自然現象かそうでなければ異次元の驚くべき話や噂に満ちている。この三角地帯が地球で地球外生命体の活動が行われているという証拠になり得るのだろうか。一つ確かなのは、過去1世紀に渡りバミューダ・トライアングルは船や消えた飛行機を「飲み込み」、数百名の命が失われた原因とされてきたことだ。

 

このたび、バミューダ・トライアングルの中心の海底で、厚いガラスのようなもので造られた2つの魅惑的なピラミッドが発見された。この広大な海で発見されたこの技術は現代科学でも謎である。この異常な建造物はドイツの海洋学者であるメイヤー博士とそのチームがソナー探査機を使って水深2,000メートルの場所で発見した。

 

調査書によれば、軍は更なる調査を行うことを中止している。

 

メイヤー博士は三角地帯の中心に存在する、この秘密の奇妙なピラミッド型の建造物の発見が、バミューダ・トライアングルで発生する船や飛行機の謎の消失を解明する鍵になると固く信じている。

 

複数のウェブサイトからの調査書によれば、このピラミッドの周辺で起こる謎について未だ誰も明確な答えを出せないでいる。水深約2,000メートルの場所に存在するこれらピラミッドは、クリスタルのような素材で出来ていると言われており、それがこの海域で起こる異常な消失の主な原因とも考えられる。UFO研究者や超常現象研究者たちは、我々は単に、実際バミューダ・トライアングルの海底に実際この異常なピラミッドが存在するか否か正しく調査するための技術と方法がないだけだと主張する。

 

過去にもこれらピラミッドについての報告が挙がったことがあるが、残念ながらピラミッドに関する情報に対し容赦なく攻撃する懐疑論者たちによって、ほとんどがデマとして片づけられてきた。
アメリカの海洋学者達は20年以上前に既にこの異常な建造物を発見しており、その表面は平らで、ガラスか、クリスタルのようなもので造られていると結論付けていた。まだ誰も写真に撮ることが出来ていないその噂のピラミッドは、ギザのピラミッドの3倍の大きさはあると言われている。

 

今日、ピラミッドが存在するか否かについての真実は、(ピラミッドの存在を信じている人達によれば)軍と政府機関の手の中にあり、この異常な建造物に関する全てのデータは安全な場所に隠されていると考えられている。

 

この海域は米軍の管理下にあるため、これ以上の調査は出来ない。それがまた、「バミューダ・トライアングルの海底にはそれが何であれ、何か謎が隠されている」という仮説が支持される要因なのだろう。しかし、真実は全く異なり、我々が望むようなワクワクする内容ではないかもしれない。

 

このバミューダ・トライアングルの2つのピラミッドの話がまるでハリウッド映画の脚本か何かのように聞こえたとしても、多くの人がバミューダ・トライアングルは異常な海域で、それは例えば我々の現代理解を超えるようなエイリアン技術など、全ての選択肢を考慮しなければ説明が付かないと信じているのだ。

 

先ほども述べたように、残念ながらバミューダ・トライアングルの下にある謎の建造物についての情報は、この話題に基づいた様々な作り話のせいで、懐疑論者たちから全てデマとみなされており、どんなに新情報が挙がってきても、疑いの目を向けられ、価値がないものとして片づけられてしまう。

 

正直、このドイツの海洋学者とされる人物の海底ピラミッドに関する調査内容が、噂されている通り軍によって押収されたということを信じることも否定することも出来ない。
そもそも、この海洋学者が実在するのか、実際ピラミッドを探す調査など本当に行われたのかさえ我々には知る由もない。唯一我々が言えるのは、バミューダ・トライアングルには謎に満ちた長い歴史があり、誰もそれについて正確に説明することなど出来ないということだけだ。

 

ということは、結局のところ、今回の謎の発見について信じるかどうかは読者の皆さまに委ねるしかないのである。。。。

 

【ソース:Ancient-code

Leave a Reply