衝撃!やはりエジプトのピラミッドは宇宙人が建設した!?

衝撃!やはりエジプトのピラミッドは宇宙人が建設した!?

with コメントはまだありません

 

どのようにして人類史上最も素晴らしくミステリアスなエジプト・ギザの大ピラミッドが建築されたのかという問いに対し、やはり別の星から来た宇宙人が手助けをしたと陰謀論者たちは主張する。

 

 

ギザの大ピラミッドは世界の七不思議で唯一現存する建造物で、歴史家ヘロドトスの紀元前5世紀に書かれた『歴史』に報告された時点ですでに建設から2000年経過していたと記載がある。

 

エジプト学者たちの中には、先進技術を利用したからこそ70トン近い重さのブロックを使って数学的に美しい黄金比で石の構造物を作り上げることができたのではないかとの述べている者もいた。

 

クフ王の大ピラミッドで使われているブロックの成分はほとんどが石灰岩や花崗岩で、石灰岩は現地から取り出したものだが、70トン以上の花崗岩は500マイルも離れた場所から引っ張ってきたものだ。

 

そうやって苦労して作ったブロックを傾斜路を使って搬入していたようだが、それらの配置はまだ謎のままだ。

 

地上から作業場まで長い傾斜路を建物のいたるところに作ったという者、傾斜路はピラミッドの外を囲うように螺旋状に作られていたという者、はたまたピラミッドは内側から作られたかもしれないという者など、その説はバラバラだ。

 

2016年、ドキュメンタリー番組ナショナルジオグラフィックは「エイリアンと失われた世界」の中で、なぜ陰謀論者たちはエイリアンが大ピラミッドの建設に関わったと考えるようになったのかをテーマに番組を放送した。

 

類まれなる力を持つ女性リッサ・ロイヤルさんはエイリアンが古代遺跡を作ったことを知っていると言う。ナショナルジェオグラフィクによるとロイヤルさんは銀河間霊媒師であり「サシャ」と呼ばれている宇宙人と霊的に繋がっているというのだ。

 

 

リサ・ロイヤルさんと霊的繋がりがある「サシャ」は何十億マイルも離れた場所に住んでるが「その反応は良好」だそうだ。

 

するとドキュメンタリー中に彼女は催眠にかかったような様子で「私はサシャ」だとい言い出し、こう続けた「こんにちは、サシャです。あなた方と共にあることに喜びを感じます。そして、このことに興味を持ってもらえてワクワクしています。地球人とこうして繋がる目的は、平和と愛と喜びのため」と。

 

インタビュアーがサシャに対し誰が大ピラミッドを作ったのかを尋ねると、サシャは「古代の祖先が地球に行き、定住できる場所をさがしていた。その遺跡は実質的な科学的目的をもって宇宙人が作った」と答えた。

 

古代地球に、エイリアン宇宙飛行士が地球を訪れていたと主張したことで世界的に有名になったスイス人作家のエリック・フォン・デニケン氏も、宇宙人がこの古代遺跡の建造を手助けしたと主張する。

 

デニケン氏は「全ての古代遺跡は宇宙人に敬意を表して人間が建造したものだ。但しその土木技術や一部の道具は宇宙人から提供されたものである可能性がある。」と語った。

 

別の言い方をすれば、人間は知力を必要としない下働きをしたのだ。

 

もし宇宙人がここに来ていたら、彼らは自分たちが存在したという証拠を残していっているだろう。その証拠はピラミッドの内部にこそあるのかもしれない。

 

ピラミッドを単なる巨大なブロック建造物だと考えるのは簡単だが、実際はそれ以上に素晴らしいものだ。その建築そのもの以上に驚きなのが、建造物の細部だ。

 

ピラミッド建築プロジェクトは計り知れないほど大きなもので、クフの大ピラミッドを完成させるには20,000人の労働者が動いて約20年かかったと推測できる。

 

当時の人たちがこれを完遂をさせるのにとても苦労しことは想像できるだろう。

 

やはりこの巨大建造物は宇宙人の叡智によって建てられたものなのか?

いつかこの議論に終止符が打たれる日がくるのはくるのだろうか・・・。

 

 

Daily Express