天徳 活用塾 (四柱推命)「人生のハイウェイを快適に」#9

天徳 活用塾 (四柱推命)「人生のハイウェイを快適に」#9

with コメントはまだありません

こんにちは!! 

失敗させない鑑定師 石橋ゆうこです。 

この猫ちゃん、ロシアンブルーといいます。 
グレーの毛並みにグリンアイ、ツンデレ猫だそうです。 
。。私っぽいかな?。。というわけです。

 四柱推命は的中率ナンバーワンといわれます。
なぜ、そんなに当たるのでしょう?  

四柱推命理論では、生まれた時の宇宙と地球のパワー(波長)が、
脳にインプットされて、それがその人の性格や体調、相性を生み、
移り行く宇宙、地球パワー(波長)とその人のインプットされたパワーが
呼応して運気が決まっていきます。 

宇宙パワーは「十二支」で、地球パワーは「陰陽五行」で表しています。
#2~6参照) 

陰陽五行は、陰と陽で2、五行で5。。。2×5で10の要素があると考えられています。 
これを「十干」と呼んでいます。 

甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸 の10個です。
誕生日の十干は、その人に根本的な性格を色濃く宿しています。 
#7~8参照

 

さて。。それでは、十干から分かる相性についてお話ししましょう。 

<まずは、単純に同じ十干を持った者同士>
甲と甲(木の陽同士)、丁と丁(火の陰同士)みたいな感じです。 

同じことを考えているので、すぐに意気投合します。
ただ、陽の人同士の場合は、長く一緒にいると疲れてきそうです。
陰の人同士の場合は、まったりして、いつまでもとりとめのない話をぐるぐるしたりしそう。 

 

<次に、同じ五行で陰陽の人>
戊と己(土の陰と陽)、庚と辛(金の陰と陽)みたいな感じです。 

同じ資質を持ち、陰と陽ですから、すぐに引き合います。
ただ、同じ気持ちの波を持ちますから、嫌気がさす時は一緒ですので、
仲良くなるのも、別れる時も早いです。 

 

相生関係にある五行同士 

五行の相生の関係を覚えていますか? 

不明.jpg 

図のように、時計回りに次の五行の人を助けていくのでしたね? 

の五行の人(丙、丁)は、次のの五行の人(戊、己)を助けることを喜びとします。
土の人も、一緒にいて安心、良い関係が保たれます。 

火の人は、明るく暖かな心を持っています。
土の人の、大らかな温和な性格を助けたくなり、土の人も暖かく包まれて嬉しいのですね。!(^^)! 

土の人は、金の人を助けることを喜びます。
金の人も一緒にいて安心です。
土の人の大らかさが、鋭い感性を持つ金の人には安心なんです。 

金の人は、水の人を助けることを喜びます。
水の人も、一緒にいてうれしいのです。
金の鋭さが、頭の良い水の人には、楽しいのですね。 

水の人は、木の人を助けることを喜びます。
木の人水の人が一緒にいると楽しいのです。
水の人の思考力が、向上心の強い木の人には頼もしくもうれしいのですね。 

  

干合する関係

最後に、五行の剋(やっつける)の関係にありながら、
陰と陽の関係でそれぞれの配偶を得る(ちょっと難しいですね!)ことにより、
もう一つの五行を生む関係があります。。まー相性が良いわけなんですけど。。 

なんのこっちゃ?と思った方に、説明しますね。(‘’ω’’)?? 

上の図を見てください。

 

丁度、対角線上の反対にいる十干。
例えば、甲(きのえ)木の陽 と己(つちのと)土の陰のような関係です。 

五本の線ができますね?
この2つの関係は「干合」と言い、丁度、磁石でくっつくような強いつながりを作ります。
恋人や友人関係にある人同士で日柱が干合していたら、非常に強い結びつきがあると考えます。  

特に日柱の干合は、新たな五行を生みますので、ともに事業などをすると発展します。 

 

以下の5つの関係があります。

1:甲(きのえ)木の陽 と 己(つちのと)土の陰
2:乙(きのと)木の陰 と 庚(かのえ)金の陽
3:丙(ひのえ)日の陽 と 辛(かのと)金の陰
4:丁(ひのと)日の陰 と 壬(みずのえ)水の陽
5:戊(つちのえ)土の陽 と 癸(みずのと)水の陰 

なぜ合うんでしょうね? ちょっと考えてみましょう。

<1>
甲(きのえ)の人は、常に伸びようとする優等生タイプです。
己(つちのと)の人は、温和で面倒見の良い現実派です。
共に協力し合うと伸びそうな感じしますよね−。

<2>
乙(きのと)の人は、優しさとしぶとさがありグループをまとめるのが上手です。
庚(かのえ)の人は、意思が明確で行動力がある自信家です。
二人が組めば、どこまでも発展しそうな雰囲気! 

<3>
丙(ひのえ)の人は、派手で華やか!積極的です。
辛(かのと)の人は、デリケートな一匹狼、枠にとらわれるのは嫌いです。
この二人なら、壮大な夢が実現できそう!

<4>
丁(ひのと)の人は、思いやりに溢れ、細かいことに気づきます。
壬(みずのえ)の人は、勇気があり頭脳的な才能があります。
この組み合わせなら、大事業でもやりこなせそう。

<5>
戊(つちのえ)の人は、マイペースで世話好き。
癸(みずのと)の人は、誠実で大人しく実務能力があり。
二人が組めば、ツーカーと事が運びそう。 

 

この干合の組み合わせは、相剋でありながら、
陰陽で引かれる磁石のような関係と書きましたが、
友人から下記のようなとても興味深いお話を頂きました。 

 

「円周上のポイントで5と7が、最も優れたバランス関係を持っている。
だから、工業製品のカバーの固定(石油掘削機から、タイヤのホイール、時計にいたるまで)は、
5つのスポークをもっている。
奇数だと相方がいないのでより強固な結びつきとなる。
対角線上の場合は、双方をずらしながら星形に固定するのが最も強固な固定となる」 

 

地球上の理論が、そのまま人の性格や体調にまで及んでいるばかりか、
力学のバランスにも大きくかかわっていることを知り、一人興奮をした次第です(^^♪ 

 

さて、「十干」の話はこのぐらいにして、次回は十二運のお話をしましょう。 
お楽しみにね!(#^.^#) 

 

相性が悪いのも知りたいって? 悪い相性など気にしないことです! 
良い相性を知り、円滑な人付き合いをしていただきたいと思っています。

 

Leave a Reply