ペルー人女性のショック:嫉妬した人形が彼氏を殴って追い出した?!

ペルー人女性のショック:嫉妬した人形が彼氏を殴って追い出した?!

with コメントはまだありません

 

ペルーから、まるでホラー映画「チャイルド・プレイ」のような恐ろしいニュースが飛び込んできた。なんと、ある女性が所有する不気味な人形が、嫉妬のあまり女性の彼氏が寝ている間に男性を酷く殴りつけ、それが原因でその男性は彼女の元を去ってしまったというのだ。

 

ベルリッツとだけ名乗るこのペルー・カラオに住む女性が言うには、「デイジー」と名付けられたその人形は以前、ベルリッツさんの顔も引っ掻いて傷つけたことがあるそうだ。それが原因で、ベルリッツさんはその人形を捨てることさえ怖いという。

 

 

ベルリッツさんいわく、人形は一人で移動したり、家中を歩き回ることさえできるらしい。さらに、ポルターガイストのような力を使い、物を倒すことも頻繁にあると主張する。

 

この人形は、母親が昔クリスマスプレゼントにくれたものなのだが、ある日突然髪の毛が抜け落ち、それ以来ビニール袋に入れて保管しているとベルリッツさんは地元メディアに語った。髪の毛が抜け落ちた見た目が怖かったのか、人形の顔を壁に向けて寝ていたそうなのだが、朝起きると顔だけがクルリと方向を変えていて、じっとベルリッツさんを見つめていたこともあるとその恐怖体験を振り返る。

 

 

また、明らかな超常現象も経験している。
「ある日、急に眩しい光が放たれたかと思うとテレビから私の聖書が落ちました。あまりの恐怖に私が泣き出すと部屋の電気が消え、いくつもの影が私を取り囲むのが見えました。」

 

「当時私はまだ18歳で、父が私を抱きしめてくれたのですが、電気が点いた時、私の顔には複数の切り傷がついていたのです。」

 

彼女は、人形が寝ている彼氏を突然掴み殴り掛かったせいで彼氏が自分の元から去ってしまったと主張する。

 

同じようなことは、彼女の従兄にも起きたことがあるようだ。遊びに来ていた従兄が少し横になろうとベルリッツさんの部屋に入った直後、人形に攻撃されたと言って部屋を飛び出してきたそうだ。

 

今は一児の母となった彼女は、赤ちゃんに何かされないよう人形を家の外で保管することを決めた。とはいえ、捨てるのは怖いらしく、まだ残っているであろう人形のマイナスエネルギーとバランスを取るように黒猫を飼い始めたと話す。

 

霊能者の女性によれば猫は非常にそうしたエネルギーに敏感だそうで、確かにベルリッツさんの猫はかつて人形が置かれていた椅子の前ではなく、わざわざ椅子の下に入り込んで寝ているそうだ。

 

 

果たして人形の正体は何なのだろうか。
いったいベルリッツさんにどんな恨みがあるというのだろう。

 

 

The Standard