石鹸の味に病みつき!

石鹸の味に病みつき!

with コメントはまだありません

 

あるインドネシア人女性が、「きれいな食事」というフレーズに全く新しい意味を加えた。
この女性は、様々なブランドの石鹸の味について、どれほどおいしいか評価するのにはまっている。

 

インドネシア、東ジャワ州のコーシック・アシファさんは、この奇妙な食生活でインスタグラムにセンセーションを巻き起こした。アシファさんは、石鹸を実際に舐めている動画を掲載し、その味の良し悪しをレビューしている。彼女の場合、舌でなぞるのではなく、アイスキャンディーを咥えこむように味わっているのだ。動画のファン以上に、彼女は、この行為を楽しんでいるように見える。彼女の動画には、次に試してほしい石鹸のブランドのリクエストを含むコメントとイイね!が続々と寄せられている。

 

 

アシファさんは、7日前にこの動画の投稿を始めたが、すでに数十ものニュースサイトやオンラインマガジンで紹介され、ちょっとした有名人になった。インドネシアのニュースサイトNgopiBarengとのインタビューで、この21歳の女性は、2年前に妊娠してから石鹸を食べ始めたと述べている、女性は、妊娠中に一定の食べ物に対する食欲が抑えられないことがあるが、この女性の場合は、それが石鹸だった。

 

彼女は、ある日シャワー中にふとした拍子に石鹸を味わったが、とてもフルーティで美味しかったので、その後頻繁に食べるようになった。このことを夫に言うのは、恥ずかしかったのだが、動画が人気になると夫も気が付いた。

 

アシファさんは、妊娠中石鹸を食べ続けたが、子どもに影響はなかったと述べた。また食後に腹痛や膨満感、吐き気なども感じなかったとも述べた。

 

Ngopibarengのレポーターたちに述べたところによると、この母親は、1週間前に冗談でインスタグラムに動画を投稿し、さらにコメントで推薦された1つを含めたほかのブランドを食べている別の2つの動画も投稿すると現時点で20万回以上再生される人気となった。

 

この女性のように石鹸を食べたり、スポンジやプラスチックを食べることに夢中になる奇妙な食習慣を持つ人々を以前紹介したが、アシファさんは、これによって有名になった数少ない人物の一人となった。

 

 

ODDITYCENTRAL