AIとして永遠に生きられる?!科学者が「亡くなった家族をAIとして生き返らせる」実験の被験者を募集!

AIとして永遠に生きられる?!科学者が「亡くなった家族をAIとして生き返らせる」実験の被験者を募集!

with コメントはまだありません

 

科学者たちが、AIを使い「故人の意識を完全コピー」したアンドロイド作成の道を模索しており、現在この研究に協力するボランティアを募集している。

 

スウェーデンの科学者らは、愛する家族の人格と意識を完全コピーしたロボットクローンの開発を期待している。スウェーデンの新聞「Dagen」によれば、Phoenixという葬儀会社は既に、Phoenixが故人のレプリカを作ることを承諾する家族を募集している。

 

手始めに、「ロボット」はSiriやAmazonのAlexaのような形を取り、故人の声で質問に応答できるようにするという。AIを使って故人の声を再現し、徐々に時間や天気に関する質問を含む、より複雑なタスクが可能なロボットを構築する予定となっている。

 

 

しかし、スプートニク・ニュースは、いつかそれは故人の姿をし、故人の意識がアップロードされた完全なるヒューマノイド・ロボットへと進化するだろうと語る。

 

著名な科学者たちはいつの日か、本質的には「デジタル不死」となるために、意識をマシンにアップロードすることを常に考えている。

 

Googleの技術ディレクターであるレイ・カーツワイル氏は最近、人間の脳は30年以内にコンピューターにアップロード可能となるだろうと語っている。
「現在我々が持つスキャニング機器は、スキャナーと対象物の距離が近ければ、ハッキリと神経組織を捉えることができます。しかし、30年以内に我々は数十億個もの血液細胞サイズのスキャニングナノボットを脳内の全毛管に送り込み、神経機能の非侵襲的なスキャニングが可能となるでしょう。」

 

 

「ナノボットにより、いつか一人一人の詳細な知識、スキル、人格がファイルにコピーされ、コンピューターに保存されることになるでしょう。」

 

未来学者でもあり、アメリカの理論物理学者のミチオ・カク博士も同じような考えを持つ。
カク博士は、いつか意識はマシンやアバターにコピーされ、その人物の記憶さえ持つようになるだろうと確信している。

 

「つまりそれは、事実上の不死です。」とカク博士は言う。

 

さらに、これらの技術が可能になるのはもはや時間の問題だと付け加えた。

 

【ソース:Daily Express