アルゼンチン警察、公園内を徘徊する本物の宇宙人の撮影に成功か!

アルゼンチン警察、公園内を徘徊する本物の宇宙人の撮影に成功か!

with コメントはまだありません

アルゼンチン警察が、本物の宇宙人と思われる写真を撮影したとして注目を浴びている。

 

アルゼンチンの地方紙「Diarioprimeralinea」のオンライン報道によれば、9月13日に地元の10代の若者グループが、コリエンテス州ミトレ公園内にて奇妙な「人物」が近くをうろついているのを発見し、警察に通報したようだ。通報を受け駆けつけた地元警官たちが捜索を開始すると、そこにはパニックを起こしている若者たちと、その「人物」を発見した。警察はゆっくりと接近を試みたが、すぐにそれが「人」ではなく、何か全くの別物だと気付き、手持ちの携帯電話で撮影した。

 

 

ミステリーサイトFreaklore.comを運営するテリー・ラーチ氏は、自身のサイトで以下のように語っている。

 

「この驚くべき写真は、宇宙人が地球に生息していることの今までで最も確実な証拠となるかもしれない。」

 

「今回の写真は映画や絵に出てくるような典型的なグレイ型エイリアンのように見える。画像はとても良いよね。だからこそこれの真正性が疑わしくもあるのだけど。」

 

「写真で注目すべきはその形とサイズ。楕円形の頭にアーモンド形の目をしている。手は3本の指が外側に突き出ているように見える。」

 

「写真が撮られた距離から考えると、かなり背も高そうだ。」

 

報告によれば、その「生物」は警官たちが近づいていくとパラナ川に飛び込み、消えていったという。

 

 

超常現象研究家のマルコム・ロビンソン氏は日曜日、イギリス・エセックス州ウィザムで開かれたParaforce paranormal conventionでこの画像を公開した。彼のレクチャ-の中で、この写真が本物の宇宙人が地球を来訪している証拠となり得る最新の画像として紹介したのだ。

 

ロビンソン氏はこの写真が本物か嘘かは分からないとしつつも、宇宙人は地球を来訪していると主張し、さらに深くこの写真について見ていく価値はあるとした。

 

「私は宇宙人が地球を来訪していると信じています。今回の証拠写真は私を圧倒しました。何か馬鹿げているように見えたり、聞こえたりするからといって、それが必ずしも馬鹿げているとは言えないのです。」

 

とはいえ、当然今回の写真も懐疑主義のデバンカーたちは既に「インチキ」だと断言する。ハンドルネームNewdawnrisingを名乗るあるデバンカーは「フェイクだね。画像は映画「Signs」から持ってきて反転させたものだ。」とコメント。

 

さらにインチキ動画などの中身を暴くufoofinterest.orgを運営するスコット・ブランド氏は自身のサイトで、画像はスペインのエイリアンホラー映画OVNIから拝借したものだと断言。Express.co.ukに対し、「これはフェイクだと証明できました。恐らくブログか何かで創られたフェイク話でしょう。」と語った。

 

果たして真相はいかに・・・。

 

【ソース:Daily Express