まるでSFの世界?!極小チップにより生体組織を再生可能に!!

まるでSFの世界?!極小チップにより生体組織を再生可能に!!

with コメントはまだありません

未来の医療はここまで進むのか!なんと、米オハイオ州立大学の科学者たちがワンタッチで損傷器官を再生させ、皮膚に負った傷を治癒してしまう、1円玉ほどの小さな特殊なパッドを開発した。

 

この革新的な新技術は、ナノチップを使用して皮膚細胞を再プログラム化し、皮膚再生を始め、怪我を治癒することができるというのだ。

 

「Tissue Nanotransfection」(TNT)と呼ばれ、患部にナノチップをほんの一瞬当てるだけで微量の電流が新しいDNAを皮膚細胞に注入し、それが細胞組織へと再プログラム化されることで動脈や臓器の損傷個所を修復してしまうという。


豚とネズミの動物実験では98%の成功率を見せている。ネズミの実験では、傷を負った足の皮膚細胞をナノチップで「再プログラム化」し、1週間後には血管細胞が再生され、2週間後には血流が回復、3週間後に足は治癒した。

 

また、ネズミの皮膚表面で脳細胞を再生し育て、損傷を受けた脳へ移植することで、数週間後にはネズミの脳機能を回復させることにも成功した。

 

米オハイオ州立大学のチャンダン・セン博士は次のように語った。
「この新技術を使えば、ワンタッチで皮膚細胞を他の臓器のパーツに変換することが可能です。それにより、損傷あるいは機能低下した臓器を交換することもできるのです。」

 

「皮膚は肥沃な土地のようなもので、弱った臓器のいかなるパーツをも育てることができることを我々は証明しました。」

 

共同研究者であるジェイムス・リー博士が付け加える:「コンセプトは非常にシンプルです。実をいうと、我々でさえ上手くいったことに驚いているのです。現在このメカニズムを理解し、さらに改善するための研究が進められています。今はまだ始まりに過ぎず、これからが本番です。」

 

TNTの素晴らしいところは、使用にあたり、事前の実験室準備(細胞の培養など)が不要であるという点だ。つまり、マイクロチップが準備出来次第、患者はかかりつけ医のところへ行ってそれを受け取るだけでよい。

 

実用化されるのはまだ先だが、この技術は医薬品に頼ることなく患者自身の細胞を使用するため、来年には臨床試験の認可が下りることが期待されている。

【ソース:Daily Express
【ソース:The Ohio State University COLLEGE OF MEDICINE