天徳 活用塾 (四柱推命)「人生のハイウェイを快適に」#1

天徳 活用塾 (四柱推命)「人生のハイウェイを快適に」#1

with コメントはまだありません
初めまして! 四柱推命鑑定師 石橋ゆう子 です

イシバシ。。って誰?って方に、少し自己紹介をさせてくださいね!

 

出身は東京。現在も東京在住です。フランス語を中心として、出版の仕事、のちに、編集仲間とワイン会を10年やっておりました。
自他ともに認めるワインラバーです。ソムリエではありません。ノムリエです(笑)(^^♪
下の写真のワインはイグレックといいます。シャトーデイケムという甘口白ワインがあるのですが、
そのシャトーがほんの数本造る超レア辛口白ワインです。
Y のマークとゆう子のイニシャルとをかけてみました。

さて、四柱推命ですが、こちらも、かれこれ30年やっています。この占いは、統計学から成り立つものですが、
その的中率はかなり高く、占いの域を超えており、やればやるほど深みにはまって、気付けば30年です。
その間に大きな意味で四柱推命に助けられたこと。。何回かあります。

やっててよかった四柱推命!って感じです(笑)!(^^)!

 

先日も鑑定をした女性が「えー!なんで分かるんですかぁ!?四柱推命恐るべし!!」とのけぞっていました。
(人って星に支配されながら生きているんですよ。ただそれだけのことなのに、皆、気づいていない。自分で行動していると勝手に思っている。)
そう思いながら「あってましたか?」といって微笑みかけました。

 

多くの人を見れば見るほど、個々の運勢に自分なりの見方ができてきます。
そうなってくれば、鑑定師として一人前です。星並びをみると、その人の運勢の流れはもちろんですが、性格や顔立ち、体調 まで見えてきます。

性格や運気の流れが分かるので、人の感情や心の裏側が覗けてしまいます 怖いですねぇ。。( ;∀;)

ですから私は鑑定した方の命式表(運勢表)は残さないようにしています。お話をした後、命式表は相手に渡して私は忘れてしまいます。
鑑定した方から、「私は来年どうなるんでしたっけ?」と聞かれても「あれ? 忘れちゃった。。」となるわけです。
また、親しい友人とは四柱推命を使って付き合うことは致しません。私なりの勝手な仁義です。

 

ただね。。単なる人間関係、上手くいかせたい案件が絡んでいる場合は使わせていただくこともあります。
そりの合わない人の場合は、四柱推命で性格をみるととても納得するので、人づきあいは、めちゃくちゃ楽ですね。
どう接すれば相手が喜ぶかわかってしまうわけですから (^_-)-☆

 

では、四柱推命についてちょこっと。。

 

「四柱推命って。。。占いだよねー、あの六白金星とかいうやつ?」とよく言われます。
その六白金星とか五黄土星とかいうものは、九星気学というものです。
こちらは、主に日本で発展していった占いです。
方位などから見て、各人の運気を見ていくものなんです。開運方位などという形で浸透していますね。

 

一方、四柱推命は、中国で発展していった運命学。驚くなかれ 3000 年ほど前から考え出されてきたものなんです。
最も発展したのは、春秋戦国時代。項羽や劉邦とかでおなじみの方も多いでしょう? 諸葛孔明などの軍師が名を馳せていた時代です。

その孔明さんのような軍師が、占い師を雇い「我が国の国王が勝てる日を探し出せ!」と命じるわけです。
命じられた占い師たちは、さー大変!!(‘’◇ ’’)ゞ

もし負けでもしたら、自分たちの命はないのですから、必死になって、運気の流れを紐解いていきました。
動員された人間は何万人でしょうかねぇ。。。
こうして考えだされた四柱推命は、想像の域を絶する人たちの頭脳と経験、汗と涙で成り立っていった運命学なんです。

 

中国ですから、スケールもデカいです。 

一生の流れを見ることもできますし、今日この時を見ることもできます。
なぜ的中率が高いのか、については、次回お話ししますね。

 

最後に、私の師匠についてお話しさせてください。

 

五行推命学会長、故・安田靖先生です。
日本四柱推命学の第一人者・高木乗先生の一番弟子です。

安田先生は、某有名政治家を総理にした鑑定師として有名な方。
芸能人や企業経営者、バーのママさんなどなど顧客は数知れません。

人は上に立つと、誰もが孤独になるのでしょうか。。
いえ、人の心の内は、どのような立場に立っても変わらないということなんでしょうね。

 

安田先生の勉強会に、約7年間、月に1、2度出席して先生の鑑定を直に聞かせていただいてまいりました。
先生のズバリ言い当てる鋭さは大いに私の糧となり今があります。。安田先生が常日頃から仰っていたことがあります。

四柱推命の心得です。
1、 秘密厳守(これ当たり前)
2、マインドコントロールをしてはいけない
3、高額請求をしてはいけない(適正価格はむしろ貰いなさいともおっしゃっていましたが。。)

 

この3点を守って、真摯な鑑定を続けております。
これから、四柱推命の理論を解いてまいります。

人は宇宙に生かされたどういう存在なのかを一緒に考えていきましょうね。

 

今後ともよろしくお願いいたします!

 

 


Profile「石橋ゆう子」

青山学院大学フランス文学科卒業。『月刊マリークレール』、『月刊ステイタス(クラブ情報誌)』編集者を歴任。
日本文芸大賞新人賞を受賞。

近年では 編集仲間とワイン会を約10年開催し 会員とフランスワイン産地を巡る。

四柱推命歴は30年、鑑定人数は2千名以上。
五行推命学会長・故安田靖氏の直弟子となり約7年間勉強会にて鑑定の奥義を伝授される(安田氏は某有名政治家を総理にした鑑定師として有名。日本推命学の権威 高木乗氏の一番弟子)。

現在は都内、主に渋谷近郊にて出張鑑定、四柱推命学教室は都内3カ所で行っている。