「火球」!? 3月8日朝、関東から西日本の各地で観測

「火球」!? 3月8日朝、関東から西日本の各地で観測

with コメントはまだありません

8日朝、関東から西日本の各地で明るい流れ星、「火球」のような天文現象が観測されました。

 

これは8日朝6時過ぎ、大阪府箕面市でドライブレコーダーで撮影された映像です。南側の空にまぶしい閃光が約2秒間続きます。目撃者によりますと、光の筋は西の方角へと飛んでいったということで、専門家によりますと流星のなかでも明るい「火球」とみられるということです。

 

 

「日の出の時間帯で空が明るいのに、これだけ明るく映っているので、おおよそマイナス10等くらい、『半月』くらいの明るさ」(日本火球ネットワーク 下田力さん)

 

火球は神奈川県平塚市など、関東から西日本の各地で観測されていて、太平洋上を飛び上空50キロほどで燃え尽きたとみられます。

 

【ソースː毎日放送
火球動画

Leave a Reply