マイナス50度を叩き出す村

マイナス50度を叩き出す村

with コメントはまだありません

ここ数年、日本は大寒波や沖縄に初雪など、とにかく寒い話題が続いています。しかし、やはり世界は広いもので日本の「寒い」という常識を覆す、世界の「寒い」をご紹介したいと思います。

 

・オイミャコン

香辛料みたいな名前ですが、ロシア・サハ共和国、北東のオイミャコン地区のインディギルカ川の約2km西、北極圏のわずかに南に位置する、人口500人ほどが暮らす村です。さらに調べた情報によれば、驚くべくことに、1年のうち、半分以上が冬だそうです。つまり、ここは冬マニア垂涎の村なのです。

 

そもそもオイミャコンは1月に、平均気温がマイナス50度を叩き出す、クレイジーな村です。間違えないでください、最低気温ではなく、平均気温です。

平均気温がマイナス50度ということは、ほぼ毎日が1日を通してマイナス50度なのです。

 

また、色々と議論はありますが、1926年1月には、マイナス71.2度を記録したそうです。地球ってそこまで冷えることが出来るのかと思いますよね。この気温はギネス記録として残っています。

 

ここまで寒いと、水もすぐに凍ってしまうのでは、と思うかもしれませんが、オイミャコンは温泉が沸いているため、川が凍らずに済むそうです。

 

ちなみに、以下がオイミャコンあるあるだそうです。

・魚は釣った瞬間に凍る

・洗濯物を外に干した瞬間に乾く、というよりも凍る

・凍結防止のため車のエンジンは切らない

・インクが凍ってペンが書けない

・帰宅時、玄関のドアノブと手がくっ付く

・ウィルスが生きられないので感染症のリスクがほとんどない

・夏の期間は短いが暑い(平均30度超え)

 

極寒の地は、私たちの常識を越えた出来事だらけなのです。

また、オイミャコンから話題は逸れてしまいますが、氷点下の世界では、いったいどんなことができるのか、少しまとめてみました。

 

・氷点下15度

シャボン玉が割れる。

割れるといっても、貴様らが想像しているような割れ方ではございません。

ガラス細工のように、パリンと割れるのです。百聞は一見にしかず、まずは動画をチェック。特に3:56は必見。

 

 

・氷点下30度

熱湯が凍る。

カップにお湯を注ぎ、右アッパーを繰り出す容量で、一気にぶちまけると…。

 

 

氷点下38度

部屋に寒気。

ぽかぽかの部屋の窓を開けたらどうなるのかという実験なのか、ただのお馬鹿なノリなのかは分かりませんが、とにかく寒そうです。

 

 

・マグマ

マグマです。寒い動画が続いたので、暖まりましょう。

 

ちなみに、オイミャコンとは、ロシアで使われているエヴァン語で「凍らない水」という意味で、永久凍土なのにもかかわらず、天然の温泉が湧いていることに由来しているようです。

 

とにかく寒いオイミャコンですが、その他にも冬場は日照時間が3時間だったりなど、色々と特徴があります。

いかがでしょうか。住みたくなる人、住みたくない人、極端に意見が分かれる場所だとは思いますが、お金と時間と行動力に余裕があった場合は、一度くらい行ってみてもいいかもしれませんね。

Leave a Reply