2029年、AIが人間の知能を超え、人間は機械と融合する?!

2029年、AIが人間の知能を超え、人間は機械と融合する?!

with コメントはまだありません

2029年、この年号を覚えておいて欲しい。なんといよいよAIが人間の知能を超え、SF映画さながら、人間が機械と融合するというのだ!
Google社の技術ディレクター、レイ・カールツウェイル氏は、テキサス州オースティンで行われた”SXSW Conference”にて、AIが人間の知能を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)が2029年に起こり、その数年後には人間は機械と融合するという驚きの発言をした。

 

 

「2029年までに、AIは人間と同レベルの知能を獲得します。」

 

「それは人間と同じ知能を持つコンピューターを我々の脳に組み込み、クラウドネットワークに接続し、我々の能力を拡張することに繋がります。これはただの未来シナリオではありません。すでに始まっていて、更に加速するのです」(同氏)

 

カールツウェイル氏は更に、懸念されているような「AIが人間を奴隷化する」などということは現実的に起こらないという。彼が見ている未来では、AIが人間を超えるのではなく、人間に利益をもたらす世界だ。そしていつか最終的に人間が機械と融合し、それが大幅に人間を進歩させるのだ。

 

「機械は実際私たちに力を与えてくれています。私たちを更に賢くしています。そして今はまだ人間と機械の融合はなされていませんが、2030年代には思考を司る大脳新皮質をクラウドネットワークに接続させるつもりです」

 

 

「そうすることで私たちはより多くの大脳新皮質を得て、より面白く、音楽センスに溢れた人間になる。よりセクシーにもなれるでしょう。」

 

 

結果的に人間と機械の融合は全てに影響するという。人間の物理的なニーズを満たせるようになるし、芸術面でもその利を体現できるようになるというのだ。

 

聞けば聞くほどSF映画のようだが、果たして本当にそんなことが実現するのだろうか。
人間と機械との融合が2029年から数年後ということは、先日お伝えした有人火星ミッションや火星移住計画と同時期である。2030年代、もしかしたら人間は新しい進化を遂げ始めるのかもしれない。

 

【ソース:Daily Express】http://www.express.co.uk/news/science/780837/AI-singularity-google-cyborg-ray-kurzweil

Leave a Reply