第三次世界大戦2020年に開戦?!自称タイムトラベラーの英男性が主張

第三次世界大戦2020年に開戦?!自称タイムトラベラーの英男性が主張

with コメントはまだありません

 

第三次世界大戦の開戦

第三次世界大戦は2020年、北朝鮮がハワイに撃ったミサイルがきっかけとなり、アメリカが北朝鮮に報復することで始まると自称タイムトラベラーのイギリス人男性が主張し大きな注目を浴びている。

 

 

マイケル・フィリップスと名乗るこの人物は、金正恩がアメリカに対し宣戦布告をした後に、アメリカからの1発の報復により北朝鮮軍の殆どが壊滅状態に陥ると主張。
さらに、イギリスがこの戦争に引きずり込まれ、結果としてロシアと中国がイギリス軍と戦うことになるという。

 

 

3年に及ぶこの戦争は、2019年に起きるアメリカ対北朝鮮の小競り合いから始まると彼は話す。概してこの戦争は展開が速くしかも残忍なものとなり、数百万人以上の死者を出すという。また、この戦争では核兵器も使用されるらしい。

 

 

米カルフォルニア州・ロサンゼルスが海に消える?

フィリップス氏はさらに、非常に大きな天災によりロサンゼルスが全滅すると主張。米メディアに「ザ・ビッグ・ワン」と後に呼ばれるマグニチュード10.2という巨大地震がカルフォルニア州を襲い、カルフォルニア州は海の中へと3Mほど沈没し、居住不可能になるというのだ。

 

 

トランプ大統領弾劾を受ける

現アメリカ大統領のドナルド・トランプ氏は、大統領として2期勤めたあと弾劾を受け、別の候補者が別の候補者にあっさりその座を奪われるようだ。
この時大統領戦に出馬するのが、アメリカの有名テレビ番組司会者兼プロデューサーで、慈善家でもあるオプラ・ウィンフリー。しかし、彼女は当選することは出来ず、結果的にマイケル・マッキントッシュという名前の人物が次の大統領に当選するらしい。
マッキントッシュ氏は2020年代半ばにトランプ氏の後大統領職に就く。

 

 

火星ミッションの成功

フィリップス氏は2020年代に起きる出来事として火星ミッションについても言及。
ところが、火星ミッションを成功させるのはNASAではないという。

「我々人類は火星に到達します。人類初の火星着陸は成功します。」
「ただ、それはNASAによるものではまったくなく、SpaceXのイーロン・マスク氏によるものです。」

マスク氏は2020年代初頭に、有人ミッションの事前準備として無人ミッションをいくつか成功させるそうだ。イーロン・マスク氏がこれを聞いたら喜ぶだろうか。
フィリップ氏は自身を2043年生まれとApex TVがアップしたYouTube動画で説明している。彼の動画は今年2月22日にアップされて以来400万回以上も再生されているが、トンデモ論としてネット民から嘲笑されているようだ。

 

フィリップ氏は軍に従事した後、秘密要塞に隠された球体に乗り込みタイムトラベルしてきたと語る。その球体がタイムマシンになっていて、重力の歪みにより時空に穴を開けるのだという。

 

次々現れるタイムトラベラー。この中に真のタイムトラベラーは存在するのだろうか。

 

 

Daily Express