捨てられたセメント袋でウェディングドレス!

捨てられたセメント袋でウェディングドレス!

with コメントはまだありません

 

中国甘粛省隴南市の農村地帯に住むリリー・タンさん(28)が自身の家の修繕に使ったセメントの袋40枚を使って製作したゴージャスなウェディングドレスがインターネットで注目を浴びている。

 

リリーさんはファッションデザインなど学んだことはない。普段は一日の殆どを農作業に費やしている。ドレス作りではない。がしかし、農作業ができない雨の日に製作したというこのドレスを見ると、彼女は仕事としてドレスやアクセサリーを実は作っているのではないかと錯覚してしまう。隴南市近くの村にあるリリーさんの自宅を修繕するのに使われたセメントの袋40枚を使い、リリーさんは雑誌でよく見るような精巧でトレーンの長いウェディングドレスと、更には素敵な帽子まで創り上げた。こうして創り上げたドレスをSNSで写真と動画でアップした途端、数百万回も再生され、インターネット中に拡散されたのだ。

 

 

「オンライン上でこれほどの反響があるなんて恐縮です」と’アマチュア・ファッションデザイナー’のリリーさんは語る。そして冗談ぽく「私がもっと美人だったらもっといいね!や再生回数が増えたかも?!」と付け加えた。

 

それでも28歳の彼女の動画は中国で5百万回再生され、現在は欧米のSNSに広がっている。彼女がこれを農作業ができない雨の日に、退屈しのぎにたった3時間で作り上げたというエピソードがまた興味をそそり、皆つい何度も見てしまうようだ。

 

ちなみに、気になる方のために最後に一つだけ。せっかく作ったウェディングドレスだが、リリーさんは自身の結婚式でこのドレスを着ることはない。なぜなら彼女は2012年に既に幸せな結婚をしており、既に一児のママでもあるからだ。

 

ODDITYCENTRAL