ヒトとチンパンジーの交雑種「ヒューマンジー」が米研究所で100年前に作られていた?!

ヒトとチンパンジーの交雑種「ヒューマンジー」が米研究所で100年前に作られていた?!

with コメントはまだありません

1920年代にフロリダ州の研究所でヒトとチンパンジーの交雑種である「ヒューマンジー」が生まれていたという衝撃の噂が飛び込んできた。

 

1970年代の鏡を使った動物の自己認知実験で知られる進化心理学者、ゴードン・G ・ギャラップ博士は、元大学教授から、その教授がかつて働いていた動物研究所で「交雑種生物」が生まれたという話を聞いたことがあると話した。

 

ギャラップ博士がThe Sun誌に語ったところによると、フロリダ州オレンジ公園内に設立されたアメリカ発の霊長類研究センターで実施された1920年代の試みの中で、最も興味深いものの一つだったという。

 

メスのチンパンジーを、匿名の人間の精子と人工的に受精させ、妊娠が成功したばかりか、出産に至ったというのだ。

 

しかし、ギャラップ博士によれば研究者たちが自分達が生み出したモノへの良心の呵責を感じるまでにそう時間はかからなかったという。ほんの数日、または数週間のうちに彼らは道徳と倫理について考え始め、結局生まれた赤子は安楽死させられたとThe Sun誌に語った。

 

更に、博士はその話をしてくれた当時の指導教授がそれが本当の話だと語っていたこと、教授自身、実績のある科学者だったことを付け加えた。

 

しかし本当だろうか?ギャラップ博士が主張する内容を反証することは不可能だが、この話にはいくつも不確かな部分があり、それが話を非常に疑わしくさせている。

 

まず時系列だ。ギャラップ氏が言う実験が行われた研究所は当時ヤーキーズ国立霊長類研究センターと呼ばれていたが、この研究所が設立されたのは1920年代ではなく、1930年だ。
設立者は心理学者・霊長類学者のロバート・ヤーキーズで、優生学を支持していたため学会と対立していた人物である。しかし彼は動物行動学、特に霊長類の行動学に非常に魅了されていた人物でもある。

 

この研究所がヤーキーズ国立霊長類研究センターと呼ばれる以前、1920年代はイェール霊長類生物学研究所、または類人猿繁殖実験ステーションと呼ばれていた。ギャラップ博士が話している研究所は恐らくこの施設であろう。
ギャラップ博士はどの大学教授からこの話を聞いたのか言及していないが、彼がヒューマンジーについて語るのはこれが初めてではない。

 

過去に、2009年のドキュメンタリーでギャラップ博士は「信頼のおけるある人物」が、実際に交雑種の出産に立ちあったという話も聞いていると発言している。
「それがあったとは言っていない。あったという噂が昔からあると言ったんだ。」

 

これに関する記事はウィキペディアから削除されているが、いくつかのネットフォーラムにその記録が残されていた。

 

“ギャラップ博士は大学院生時代にとある年配の研究者から彼が実験チームの一員であったことを打ち明けられたと主張。その研究者は、自信が話す内容を事実と信じて話している様子だったが、ギャラップ博士にはその真偽を確かめることは出来なかった。”

 

 

他国で行われていたヒューマンジーの実験

ギャラップ博士の主張することが真実かどうかは我々には知る由もないが、ただ一つ確実なのは、科学者がヒトとチンパンジーの交雑種の可能性を試みたのはこの一例だけではないということだ。実は、ソ連と中国でも同様の試みが行われていた。

 

ロシア人生物学者イリヤ・イワノビッチ・イワノフは1920年代に同様の実験を試みたが、メスのチンパンジーに人の精子を人工授精させるものの、妊娠は失敗した。
後に、今度は人間の女性をオラウータンの精子で妊娠させようとしたが、そのオラウータンが死亡したため、幸いなことに中止となった。

 

中国では1960年代に同様の実験が試みられたが、これも失敗に終わっている。

 

 

世界で最も有名なヒューマンジー「オリバー」も純血のチンパンジー

さらには、世界で最も有名なヒューマンジーの事例は、結果的にヒューマンジーではないことが分かっている。

 

 

芸をするチンパンジーとしてアフリカからアメリカに連れて来られた「オリバー」は当初、ヒトとチンパンジーの混血の”ミッシングリンク”ではないかと推測されていた。
人間のような外見に、直立歩行が可能であったこと、また人間と交流することが好きだったからだ。

 

しかし、後の遺伝子検査で「オリバー」は純血のチンパンジーであることが判明した。

 

結局のところ、ギャラップ博士の主張するヒューマンジーの真偽は謎のままである・・・。

 

【ソース:Science Alert