【自然現象?!】奇妙なオレンジ色の雪に覆われたスキー場がまるでこの世の終わり

【自然現象?!】奇妙なオレンジ色の雪に覆われたスキー場がまるでこの世の終わり

with コメントはまだありません

 

ロシアなど少なくとも世界の4か国で、黄色味を帯びた奇妙な雪が降り積もり現地住民たちを動揺させている。

 

ロシア・ウクライナ・ブルガリア・ルーマニアの各地で不可思議なオレンジ色の雪が積もる現象が報告され、その動画が瞬く間にネット上に拡散された。スキー場を含む観光地はオレンジ色の雪に覆われ、雪山はまるで砂丘のようだ。

 

 

この景色を実際に目撃した人は、まるで「世界の終末絵」や「火星の表面」のようだと描写している。

 

科学者らはこの薄黄色から濃いオレンジ、または茶色く着色された雪について、砂と花粉が混じり合ったものが原因だと考えており、ソチの水文気象学と黒海・アゾフ海モニタリングセンターの専門家たちが調査のため現地入りしている。

 

センターのスポークスマンは現象の原因として可能性が高いのは、サハラ砂漠から風に乗って運ばれてきた砂が雨として各地に降ったものだと話す。また、数日以内に元の白い雪に戻ると予測しているという。

 

2014年冬季オリンピックが開催されたソチのスキーリゾートを訪れている複数の観光客がInstagramやTwitterに、かすんだ風景と黄色~オレンジ色の斜面の写真と共に「火星の風景、世界の終わりナウ」「雪の斜面がバルハン砂丘に様変わり」などのコメントをつけてアップしている。

 

 

似たような写真はルーマニアやウクライナ、ブルガリアでもアップされている。

 

今回の現象は、2007年にシベリアで1,500平方キロメートルという広範囲がオレンジみを帯びた雪に覆われた現象とよく似ている。原因として大気汚染から砂嵐まで様々な仮説が立てられていたが、明確なことはわかっていない。

 

当時のロシア環境監視官いわく、その雪は「油っぽく悪臭があり、通常の4倍の鉄分を含んでいた」そうだ。

 

 

【ソース:Daily Express