「アメリカは宇宙人と同盟を結ぶ!」2030年からのタイムトラベラー衝撃の予言

「アメリカは宇宙人と同盟を結ぶ!」2030年からのタイムトラベラー衝撃の予言

with コメントはまだありません

 

2030年から来たという自称タイムトラベラーが今度は、未来で宇宙人がアメリカやその他世界各国と同盟を結ぶという衝撃の内容を口にした。

 

未来から来たというノア氏は、最近のインタビューでこの驚くべき主張をした。
彼が「2030年にはアメリカは宇宙人と同盟を結んでいるのか」と聞かれると、ノア氏は「はい。結んでいます。ですので、宇宙人は実質的には一部宗教を除く全世界と同盟関係にあるのです。アメリカは宇宙人と同盟を結んでいます。」と答えた。

 

しかし、このタイムトラベラーは宇宙人がいつ姿を現して、どのように同盟を結ぶことになるのかの詳細は明かさなかった。

 

ノア氏はさらに、ドナルド・トランプが2020年に再選を求め、ホワイト・ハウスでの新たな任期を獲得する予定だと主張した。
そして、彼は以前から未来のアメリカ大統領としてヨランダ・レニー・キングの名を挙げている。

 

 

2030年までに大統領年齢資格が下げられ、マーチン・ルーサー・キングの孫娘であるヨランダが大統領として当選するというのだ。
「2030年はヨランダ・レニー・キングです。」と彼はつづけた。
「彼女が未来の大統領だと私が言った後も、最近彼女は多くの演説を行っています。」
と、彼女が将来女性大統領になることを確信しているかのような口ぶりだ。

 

 

また、「次に起こる戦争」で戦争に召集されるのは少人数だと明言。
将来的に人々が戦争に召集されるかという質問に対し、世界的な戦争ではないし、アメリカだけのことについて言うなら、次の戦争で召集される人の数は非常に少ないと答えた。

 

とはいえ、これだけ衝撃的な主張をしておきながら、やはりノア氏は「次の戦争」がいつ勃発するのかについては言及しなかった。

 

2030年のヨランダ・レニー・キングの大統領当選についてははっきり言えても、宇宙人との同盟や戦争については影響が大きすぎるため言及できないのだろうか。

 

 

【ソース:Daily Express