絶滅したはずのダイアウルフは生きていた?!黒く巨大な狼らしきものが犬を追う瞬間

絶滅したはずのダイアウルフは生きていた?!黒く巨大な狼らしきものが犬を追う瞬間

with コメントはまだありません

 

この動画は、2015年に撮影されたもので、当時かなり話題になっていたが、最近YouTubeチャンネル’Nv Tv’に再度アップされて以来、再び注目を浴びている。

 

問題の動画を見ると、飼主の男性が撮影する中、犬が森の中の何かに向かってしきりに吠えているのがわかる。

 

最初の14秒ほどは特に何も変わったことは起きず、犬が何に吠えているのかも分からない。しかし、遠くにいた上、地面に横たわっていたためか全く気付かなった「あるもの」が突如立ち上がったかと思うと、黒く、あり得ないほど巨大なその姿をあらわにし、犬を追いかけ始めたのだ!!

 

始めこそ吠えながら果敢に向かっていった犬も、そのスピードと巨体にすぐに「キャンキャン」という鳴き声に変わってしまう。

 

それを見た男性が大声で「Hey! Hey!」と飼い犬を助けるために大声をあげながら走っていくところで映像は終わっている。

 

動画を見たネットユーザーの間では、これが絶滅したとされるダイアウルフ(ゲーム・オブ・スローンズに出てくる狼)ではないかとの憶測も飛び交っている。

 

 

ダイアウルフとは
北アメリカ大陸南部と南アメリカ大陸北部の、草原から山林に渡る広範囲に棲息していた大型オオカミ。頭胴長約125cm、尾長約60cm、体高約80cm。現生のタイリクオオカミの大型の亜種に近いサイズだが、よりどっしりとした体つきで、平均体重は現生の北米のタイリクオオカミの平均より重かったと推定されている。

 

ダイアウルフは最終氷河期に絶滅した。ダイアウルフの最も年代が新しい化石は、米ミズーリ州で発見された約9440年前のものである。(wikipedia)

 

これの正体が何であれ、非常に巨大な動物であることは間違いない。

 

 

UNEXLAINED MYSTERIES