海の古代生物か?ロシアの海岸に打ち上げられた謎の死骸

海の古代生物か?ロシアの海岸に打ち上げられた謎の死骸

with コメントはまだありません

 

毛むくじゃらの謎の生物がロシアの海岸に打ち上げられ、その姿に地元住民が困惑している。

 

謎の巨獣はカムチャッカ半島の海岸線沿いにある郊外の村パハチで発見され、悪臭を放っている。そのミステリアスな姿にすぐ地元住民の注目を浴びたが、誰もその正体が分からなかった。報告によれば全長は大人3人分よりも長く、また尻尾か触手のようなものがあるらしい。またチョークのような色をした体毛に覆われており、頭部や目らしきものは見受けられない。

 

 

シベリア・タイムスが言うには巨獣は地元民では動かせないほど重量があるそうだ。

 

地元の目撃者Svetlana DyadenkoさんはSNSに「最も興味深いのは管状の体毛に覆われていること。毛のように見えるんだけど、管状で、まるで身体から沢山の筒が垂れ下がっているみたいなんだ。とにかく奇妙な姿の生

 

「何か古代生物なのだろうか?ぜひ海が海岸に投げつけてきたこの奇妙な死骸が何なのか科学者たちに調査してほしいね」と投稿している。

 

一部ではこの生物は海の底の永久凍土の中に眠っていたマンモスで、夏の温かい気温により溶かされた永久凍土から海に放出されたものではないかとの推測もある。

 

しかし、ある海洋生物学者はこれを即座に否定、これはただのクジラの死骸、またはその一部であると主張した。ロシア水産海洋研究所の海洋科学者セルゲイ・コルネフ氏は、「時間の経過や他海洋生物(小さい物から大きい物まで)など海の環境下において、クジラの死骸が奇妙な姿に変わることは多々あります。」

 

「これはクジラの死骸の一部でしょう。」

 

クジラの死骸の一部だというのであれば、果たしてこの尻尾のようなものは何だというのだろうか。結局のところ真相はわからないままだ・・・。

 

 

Daily Express