【未来へのタイムトラベルは可能!】方法はこうだ!

【未来へのタイムトラベルは可能!】方法はこうだ!

with コメントはまだありません

未来へのタイムトラベルは可能である。必要なのは光速度で走行できる宇宙船だけ!

 

何世紀にも渡って、科学者、哲学者、そして民間人がタイムトラベルの可能性について研究・実験をしてきた。
物理学と宇宙の法則についての深い理解から科学者たちは、過去へのタイムトラベルは非現実的だが、未来へ、であれば現実的かもしれないと事実上結論づけた。
光速度で地球外へ旅行すると、旅行中の人間にとっては時間の進行が遅くなる一方で地球上の人間は通常通り時間が流れることを最初に提唱したのはアルベルト・アインシュタインである。
コロンビア大学の理論物理学者で弦理論者でもあるブライアン・グリーン教授は言う:「宇宙船を造り、光速度で宇宙を旅行し、反転して戻ってきます。6か月地球の外に向かって旅行し、また6か月かけて地球に戻ってくると想像してください。」

 

光速度で旅をしている間は、地球上の人間と比較して時間の進行が遅くなる。結果的に、非常に速いスピードで移動しているが時間の進みは遅くなるのだ。

 

グリーン教授:「あなたが宇宙船から降りた時、あなたは1歳しか歳をとっていませんが、地球は長い年数が経っているのです。どれだけ光速度に近いスピードで旅をしたかにもよりますが、1万年、10万年、もしくは100万年経っている可能性もあります。」

 

スティーブン・ホーキング博士もこの実現可能性について付け加える。過去に彼はこう語っている:
「フルパワーで光速度にたどり着くには、6年の歳月がかかる」
「最初の2年で、光速度の半分の速度に到達し、太陽系のずっと外側にたどり着くだろう。」
「次の2年で、光速度の約90%にまで到達する。」
「さらに2年間フル推力で走行することで宇宙船はフルスピード(光速度の98%)に到達し、船内の1日が地球に1年に相当するようになる。」

 

「そのような速度であれば、船内の人間にとっては銀河系の端にたどり着くまでにたった80年しかかからない」

 

他の科学者たちもグリーン教授やホーキング博士の考えに同意する。

 

素粒子物理学者のブライアン・コックス博士は、タイムトラベルは可能だが、一方向にのみだと語る。「核心となる問題はタイムマシーンが作れるかどうかだ。答はイエス。未来には行ける」コックス博士は、タイムトラベルはアルベルト・アインシュタインの相対性理論により基本的には可能だという。
タイムトラベラーが100年、1,000年先へと旅したければ、光速度に近いスピードで移動することで実現はできる。

 

ただし、コックス博士は一度未来へ行った場合、そこから戻ってくること、または過去の別のポイントへ移動することはほぼ不可能だと警告している。

 

まるで浦島太郎のような話である。

 

【ソース:Ancient-code

Leave a Reply