氷河期の到来!?太陽の黒点が消える

氷河期の到来!?太陽の黒点が消える

with コメントはまだありません

 

 

3月7日から20日にかけて、太陽の黒点が1つも観測されていないという状況が発生していたそうだ(Space.com、Washington Post、宇宙天気情報センターの黒点情報)。

米NOAA(アメリカ海洋大気庁)によるデータでは、3月21日以降は黒点が再び観測されるようになっているが、NASAのデータでは7日から15日間黒点が観測されない状況だったともされている。

NASAによると、このように長期に渡って黒点が観察されなかったのは初めてのようだ。また、今年になって黒点が観測されなかった日はすでに26日あるとのこと。

TOCANAによると、黒点の減少は太陽の活動の弱体化につながり、97%の確率で地球が「氷河期」に突入し、「夏がなくなり、冬が続き、川が凍る」との現象が起こるという。

ただ、「太陽黒点が活発でない=太陽の活動が止まる」というわけではなく、アメリカ海軍天文台はこれによって大きな気候変動などは起こらないとしている。

なお、太陽の活動が弱くなっているという話は2009年や2011年、2013年にも話題になっている。

ソース:エキサイトニュース「太陽の黒点、2週間近く観測されず

 

関連記事(外部サイト)
2030年に世界は氷河期突入と発表 太陽の活動は2030年代に60%にまで減少も
小氷河期が到来してる。氷河期派の主張と反対派の主張

 

Leave a Reply