小惑星採掘で数百兆円の大富豪?!

小惑星採掘で数百兆円の大富豪?!

with コメントはまだありません

 

米投資銀行ゴールドマン・サックスが、小惑星の採掘には世界初の小惑星大富豪を生む可能性があるというなんとも夢のある試算報告を発表した。

 

小惑星は常に我々地球のそばを通り過ぎていくが、特に価値があるようには思えないかもしれない。しかし実はその宇宙を旅する巨大岩石の中には金やプラチナ、その他の鉱物など豊富な資源が眠っており、実際のところ宇宙採掘は非常に実用的な商業ベンチャーなのだ。

 

昨年、投資銀行のゴールドマン・サックスは98ページにも及ぶ小惑星採掘についてのレポートを発表し、投資家にとって非常に収益性の高いものになると提唱した。
航空宇宙産業および材料アナリストのノア・ポポナック氏によれば、小惑星採掘に対する心理的なバリアは高い一方で、資金的・技術的なバリアは遥かに低い。

 

ちなみに、資源採掘用の探査機製造には数千万ドル(数十億円)必要で、さらにカルフォルニア大学によれば小惑星を捕まえられるような宇宙船の製造には26億ドル(約2800億円)かかるとのことだ。

 

米理論物理学者のミチオ・カク博士も小惑星採掘に関して言及しており、小惑星は本質的に貴重な資源に満ちた「空飛ぶ宇宙の金鉱」だと述べている。

 

直径約1kmの小惑星1つで、なんと5.4兆ドル(約588兆円)相当のプラチナが埋蔵されていると言われており、この豊かで新しい資源の宝庫を採掘できた人は誰でも大富豪になれる可能性がある。

 

そう遠くない未来に、小惑星「ゴールドラッシュ」が起きるのを目の当たりにすることになるのかもしれない。

 

 

【ソース:UNEXPLAINED MYSTERIES