血液型Rh-を持つ人は地球外生命体の血統に属するとの新説が浮上

血液型Rh-を持つ人は地球外生命体の血統に属するとの新説が浮上

with コメントはまだありません

人間は基本的に4種類の血液型を持つ:A型、B型、AB型とO型である。この分類は体内の細菌やウイルスを攻撃するために細胞表面に存在する蛋白質に由来する。人類の大多数がこの蛋白質を保有する、つまりRh+である。しかし、少数ではあるがRh-でそれら蛋白質に欠けている人達がいる。さて、この決定的な違いは科学的にどのように説明されてきたのか。そもそもなぜRh-が存在するのだろうか。何年にも渡り幾人もの科学者たちがこの答を求めて研究を続けてきた。

 

そして今、科学者たちはRh+とRh-に関して非常に興味深いことを見つけたのである。この「科学的」な理論によれば、大昔に地球外生命体が地球にやってきて、「奴隷」種族を創る目的で「遺伝子操作」によりRh-を生み出したというのだ。

 

スペインやフランスのバスク人はRh-型の率が最も高い。表現型で約30%、遺伝型で60%がRh-である。
とはいえ宇宙人が・・・本当に?研究者たちによればなぜRh-型を持つ母体がRh+型の血液を持つ胎児を拒絶するのかこれで説明がつくという。つまり、この説明し難い、自然の法則による拒絶は古代の遺伝子改変に由来し、だからこれまでRh+型とRh-型の血液は互いを拒絶し合い、混ざり合うことがなかったというのだ。

 

この理論は非常に高度な知能を持つ「宇宙人」種族が宇宙のどこからかやってきた古代ソマリア時代までさかのぼる。史上初の人間社会を築き上げた宇宙人アヌンナキである。
これら古代の宇宙人は原始人をより丈夫でもっと「適切」な種族へと遺伝的に作り替え、奴隷として使ってきたのだ。
Rh-型は宇宙人アヌンナキがその他の物と共に地球に残した形見なのかもしれない。面白いことに、Rh-型の血統はイギリスの皇室ファミリーに受け継がれている。それがRh-型保持者が宇宙人の血統なのではという議論を生んでいる理由でもある。たとえこの仮説にまだ確証がないとしても、ある疑問が浮かぶ:文明世界は、人類の一部が大昔に高度な知能を持つ宇宙人によって書き換えられた遺伝子コードを持つという事実にどう反応するのだろうか。

 

様々な「懐疑的」な見解を経ても尚、Rh-型を持つ人々が地球外の者と繋がりがある可能性があるとしたら・・・。

 

聖書の一節にこんなものがある:
創世記6:2
「神の子らは、人の娘たちがいかにも美しいのを見て、その中から好きな者を選んで、自分たちの妻とした。」

創世記6:4
「神の子らが、人の娘たちのところにはいり、彼らに子供ができたころ、またその後にもネフィリムが地上にいた」

キング・ジェイムス聖書より:
「男児―イスラエルの子、神の子(男子)、人間の子ではなく(出エジプト記34:23)」
「父の咎は子に、子の子に、3代に、4代に(出エジプト記34:7)」

 

この神が宇宙人のことだとしたら・・・。

 

【ソース:Ancient-code

Leave a Reply