NASAがUFOの証拠隠滅?!国際宇宙ステーションライブカメラが巨大UFOを捉えた瞬間、解像度が突然落ちる!

NASAがUFOの証拠隠滅?!国際宇宙ステーションライブカメラが巨大UFOを捉えた瞬間、解像度が突然落ちる!

with コメントはまだありません

この動画をYouTubeに投稿したのはUFOハンターチャンネル「Streetcap1」である。動画を見ると、地球の水平線上にホバリングする「葉巻型」UFOと見られる長く明るい物体と、その真下に2機の小型UFOとおぼしき発光体が写っているのがわかる。さらにこの2つの発光体は大きな「葉巻型」UFOに向かって移動しているようにも見える。ところが、映像はどんどんぼやけ、そのUFO3機は突如姿を消した。

 


同じくUFOハンターで陰謀系サイト「Secure Team10」を運営するタイラー・グロックナー氏はこう語る

「過去の数百件以上のISSライブカメラ映像の中で、氷の結晶も宇宙デブリスも、光の反射も見てきましたが今回映像に写っているものはそれのどれとも違います」

「そしてその物体(UFO)が写り込んだ途端、NASAが意図的にそうしたのか、またはUFOがそうしたのかは分かりませんが、その物体は突然ぼやけて消えてなくなったのです。」

「NASAがコントラストや露出度を操作して映像から物体を消したのではないでしょうか」

 

しかし過去にも何度か「NASAがUFOが写り込んだ途端映像を切った」といった話が話題になったことがあるが、それは結局ISS自体が反射していた光だということで終わった。

 

デマ撲滅サイトufoofinterest.orgのスコット・ブランド氏は今回の映像も異常なレンズフレアの一種だという。

 

当然NASAも、これまでにISSでUFOが目撃されたことはなく、ライブカメラを止めるのは故障時と別のカメラに切り替える時だけだと真っ向から否定している。

 

果たして陰謀論者、NASAどちらが真実なのか?真相は今だ謎に包まれている。

 

 

【ソース:Daily Express
【ソース:Daily Mail

Leave a Reply