【驚愕!】空から突然巨大な氷の塊が降ってきて、庭にクレーターが出現する恐怖

【驚愕!】空から突然巨大な氷の塊が降ってきて、庭にクレーターが出現する恐怖

with コメントはまだありません

スコットランドで信じがたい出来事が起こった。ある家に突如空から巨大な氷の塊が降ってきて、庭に衝突し、大きなクレーターを残したのである。

 

その塊は9月26日の朝、スコットランド・レンフルーシャーにあるヘリウェル家の庭に大きな衝撃音と共に衝突し、家は衝撃で揺れた。
衝突により、庭の真ん中に約140cm×120cm程のクレーターが出現し、周辺には氷の粒が飛び散っていた。

 

 

この恐ろしい現象に対し、明確な原因は分かっていないが、専門家たちは上空を通過した航空機の機体についた氷が落ちてきたものではないかと推測している。

 

友人のエレノア・スティーブンス(41)は氷が衝突した際たまたまヘリウェル家にいた。「机で座っている時に衝撃音を聞いたの。家が揺れたし、何か爆発したのかと思ったわ。」

 

「階下に行くと犬の様子がおかしかったの。それで窓の外を見たら庭に穴が開いていて、中に白い物体と、その周りには白いものが散らばっていたの。外にでて触ってみたら氷だとわかった。もし誰か庭に出ていたら、下手したら死んでいたかもしれない。」

 

 

しかし、スティーブンスさんもそれがどこから来たものなのか全く見当がつかないという。

 

この家の持ち主であり、夫ロスさん(51)と、娘のエリス(9)、ヌアラ(13)と暮らすリンジー・ヘリウェルさん(41)はその時庭に誰もいなくて本当に良かったとほっと胸をなでおろす。

 

「落ちた場所が家にとても近くて、心配になりました。普段、犬もよく庭に放しているし、土日であれば子どもたちがサッカーをしたり、犬と遊んでいたかもしれません。」

 

 

「家と車からほんの数メートルしか離れていませんでした。でも、天文学者にも話してみましたが、こんなことは滅多に起こらないそうです。」

 

「落下してきたものは氷で覆われていて、大きめの塊がそこかしこに散らばっていました。とにかく大きい塊だったのです。」

 

通常、空から降ってくる氷は航空機と関連付けられるが、機体から氷が地上まで落ちてくるなどということは非常に珍しいことである。イギリスの上空を年間250万機もの航空機が飛行しているのに対し、イギリス民間航空局に報告される氷の落下はせいぜい年間25件程度だ。原因としては、高高度を飛行中の機体に自然に生じた氷の塊が、暖かい空気に触れた際に砕け落ちることが考えられている。

 

しかし、不思議なのは、氷の塊が空から落下してきた報告は航空機が存在する以前にもあったということだ。今回の現象について科学者たちが研究を進めているが、世界中で物議を醸している。

 

一体、この氷の塊はどこから降ってきたのだろうか・・・。何にせよ、家に直撃しなくて本当によかった。

 

【ソース:Daily Express